雨漏りに強い家を作る

大型の台風が近づいてくると、身構えてしまいます。

以前よりも台風やゲリラ豪雨に敏感になったのは
集中する海部の量が多いこと。

最近のゲリラ豪雨ではいままで雨漏りしなかった物件も雨漏りして
建築専門誌では雨漏り対策特集が組まれているほどです。

雨漏りに強い家の必要性や需要が多くなっているのですが、
最近とくに気をつけなければいけないのが、

ズバリ、壁からの雨漏りです。

屋根からじゃないの???

と思う方も多いと思うのですが
屋根からの雨漏りと言うのは昔からあったことで
別にゲリラ豪雨でなくても老朽化などで起こっていたこと

今までなかったのが横殴りの雨が壁側から進入すると言うことです。

壁と屋根の間とかベランダとか
壁の継ぎ目とかです。

天井裏と壁の間から吹き上げて入る例もあるほど。

雨漏りの時には応急処置で屋根にブルーシートや
隙間であれば防水テープなどを処置しますが、
それで止まるようであればそこから雨漏りがしていると言うこと。

原因や場所が分かれば対処はすぐできるので
まずは場所の特定からと言ったところです。




住宅ブログが集合するブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村

カテゴリー: 家づくり,雨漏り | Tags: , ,

間取りの依頼方法

間取りチャンネルでは無料の間取りプランニングサービスを行っています。

土地をこれから取得するのにどのぐらいの間取りが入るか知りたい方、
土地を購入済だが自分で間取りが作れない方や
工務店や設計事務所、ハウスメーカーに依頼済みだが
なかなか気にいった間取りにならずに他の間取りが見たい方が
依頼して長い間好評をいただいております。

今まで依頼した建築計画中の皆さんの要望と
それに回答した間取りを大量に閲覧することができます。
間取りを閲覧するだけでも参考になりますので是非訪問ください。

★ 無料の間取り作成、間取り診断の依頼サイトはこちら

https://jutakunavi.web.fc2.com/

☆ 非公開での間取り作成依頼はこちら

https://jutakunavi.web.fc2.com/planningservex.html

★間取りの依頼方法の解説はこちら

家作りブログの上へ

家づくりの参考書

最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当者。一級建築士。一級建築士事務所主宰。住宅の設計、工事監理。無料プランニングサービスをさせていただいています。

YOUTUBE間取りチャンネル主宰、プロデュース

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村