寒くなると寒さ対策の間取りになる。

夏の暑いときに打ち合わせすると
風通しとか開放感とかが気になるものです。

寒くなってくると逆で、素材のあたたかさや
部屋の断熱性能やサッシの断熱性能まで気になってきます。

寒すぎて、建てる家は寒くない風にしたいと願うのは
誰でもが思うことです。

解決策としては断熱性能ですね。

この断熱性能は夏場の遮熱にも役立つので
外気温に対して断熱して、内部の温度を快適に保てば
冬も夏もどちらも過ごしやすい家になると言うものです。

夏に気になるのは屋根の断熱ですね。
冬も有効ですが特に夏の暑さ対策には天井、屋根の断熱で
かなりしのげると思います。
断熱材の厚みを増すことで大分性能はよくなります

壁の断熱性能は厚さにも限度があるので
断熱材自体の性能を上げるのにも限界があります。

冬の対策は床下の底冷え対策に床下の断熱を
性能アップするか厚みを増すと効果があります。

住宅ブログが集合するブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村

カテゴリー: 家づくり | Tags: , ,

家作りブログの上へ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当者。一級建築士。一級建築士事務所主宰。住宅の設計、工事監理。無料プランニングサービスをさせていただいています。

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村