木造在来工法の構造計算は弱くない

木造の構造計算って難しく考えがちですが、
木造在来工法と言われるぐらいで
むかしからある構造体なんですね。

だから、難しくするほうが大変で
構造的に無理があるという風になる原因があるとすれば

部屋が大きすぎるとか
梁がとびすぎている(柱がなさ過ぎている)とか
筋交いがなさ過ぎるとか、窓が大きすぎるとか
どこか普通じゃない部分があるのだと思います。

とブログを書いていて気がついていたのですが

木造在来工法というのは
木造の普通の構造っていう感じで

普通じゃないことをすると無理が出ると言う按配です。

無理しなければどのようにプランしたって
弱くはならないところです。

実際は吹き抜けとかスキップフロアとか
変わったプランのときは十分に構造の検討が必要ですね。

窓を構造の邪魔になる位置に配置しなければ
弱くなりようがないと思うのですけどね。

住宅ブログが集合するブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村

カテゴリー: 日記,耐震,間取り | Tags: , ,

家作りブログの上へ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当者。一級建築士。一級建築士事務所主宰。住宅の設計、工事監理。無料プランニングサービスをさせていただいています。

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村