剛床工法 メリット

瑕疵保険の申請の図面で矩計図(かなばかり)というのを提出

そのときに防水の立ち上がりや勾配
そして、二階の床が24mmの構造用合板による
剛床工法になっていることを記載しました。

これはどうゆうことなのかというと
二階の床を載せる床を構造用合板24mmで作って
梁に釘打ちすると言うものです。

昔の在来工法はどのようだったかというと
梁の上に一度根太を組んでその上に合板や板を載せていました。

現在ではあまり見られなくなりましたが
以前のほうが手間がかかりましたし
床を組むまで上の階に行きにくいと言う欠点がありました。

剛床工法のメリットは構造的に強くなることと
工期が短縮されて、コストメリットがあることです。

剛床工法は上棟時に二階の床まで組みあがって
水平の剛性、強さが確保されるので横にぶれにくくなり
なんといっても足場代わりに歩行できるというのが
現場の作業性を大きく効率的に変えました。

つまり、構造的に横揺れに強くなって
工期の短縮になっていると言うことです。

剛床工法のデメリットというとあまりないのですが
しいて言うなら、上棟のときに早めに床が完成してしまうと言うことです。

雨にふられるとぬれるということがあるので
一気に屋根まで組んですぐ屋根のルーフィング、
防水をするのが一般的になっています。

根太工法でも結局雨に降られるのはいっしょなので

上棟したらすぐ屋根と壁の防水を行う手際のよさが必要で
手際さえ良ければ大きく工期が短縮されて
施主も施工側も予算面でのメリットが生まれてきます。

住宅ブログが集合するブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村

カテゴリー: 家づくり | Tags: , ,

家作りブログの上へ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当者。一級建築士。一級建築士事務所主宰。住宅の設計、工事監理。無料プランニングサービスをさせていただいています。

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村