戸建て住宅は寒い

今日から大分冷え込んできました。
雪になっているところも多いのではないでしょうか?

昔の住宅は完成して検査で冬訪れると
足元からぞくぞくするくらい寒いことがありました。

打ち合わせのときは冬の寒さ対策で床の断熱を倍の厚さにすることや
夏の暑さ対策で屋根の断熱を倍の厚さに提案していましたね。

それで数字的は大分違ってきますから
効果はあったと思います。

最近では断熱の基準があがってから大分よくなりましたから
最初から厚みも増しているといったところです。

それでも気になるようだったら、機密性の高い
発泡ウレタン拭きつけの断熱材は使ってみてかなりあたたかいですね。

壁の中の結露も起こりにくいのでおすすめです。

あとは床暖房ですね。

これは本当にあたたかいですね。

合板のフローリングだと材料そのものの足ざわりが冷たく感じるので、
床暖房であたためることで大分良いです。

グラスウールも前と違って高性能グラスウールに変わっているので
数字的には1.5倍以上は寒くなくなっています。

見た目はなんら変わらないですけどね。

壁のリフォームなどで壁を開けてもしっかりしてます。
十分長持ちしますね。

住宅ブログが集合するブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村

カテゴリー: 家づくり,断熱材,注文住宅 | Tags: , ,

家作りブログの上へ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当者。一級建築士。一級建築士事務所主宰。住宅の設計、工事監理。無料プランニングサービスをさせていただいています。

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村