地下熱を使うと冬暖かく夏涼しい

多くの場所で雪が降って凍結している部分も多いと思います。

凍結すると玄関タイルなども滑りやすくなるので
注意が必要になってきますね。

雪が降るともっとざらざらしたタイルにすればよかったとか
滑り止めのことも気になってくるところです。

寒い地方だと水を使わないときは元栓から締めないと
水道管が凍ったりするぐらいです。

話は変わりますが、

新潟のお話

新潟のあるお宅では雪でも池の水はそのままで
鯉は水槽に移さずに外にいました。

北国だと池が凍ってしまうのですが、その池は凍らないのです。

なぜ?

日によっては湯気が出るくらいだそうです。

温泉がわいているわけではありません。

その池は地下水をつかっていたのですね。

寒い日や暑い日でも地下の温度は安定しているので
地下水を使っている池は凍らないし
夏も暑くならないんですね。

それに似たような話で、地下に空気を送り込んで
地下からまた空気を家に流し込むシステムもありますね。

地下に送り込んだときに、地下の水に一度空気を当てるので
花粉や粉塵などもなくなって空気が浄化されるのも魅力です。

地加熱や井戸水を利用した空調は
井戸を掘る費用が必要なのでコストはかかりますが、
家の中の温度を一定に保ちたい家は良い仕組みです。

住宅ブログが集合するブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村

カテゴリー: 家づくり,日記,気候 | Tags: , ,

家作りブログの上へ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当者。一級建築士。一級建築士事務所主宰。住宅の設計、工事監理。無料プランニングサービスをさせていただいています。

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村