上品な施主と下品な施主

家を建てるときにできるだけいろいろなことに
多く関わりたいと言う方と

あまり面倒なことはしたくないので
楽に建てたいという人がいると思います。

プロにお任せしておけば、面倒なことはなく
スムーズに行くでしょうし
自分の意向を入れて、行こうとすれば
それなりに労力はかかります。

家作りを依頼するということは、
プロに任せると言うことなので
信頼できる人や会社に頼めば、より安心感が生まれますね。

私が思うに総合プロデュースは自分自身なのですから
施主はそこをしっかり受け止める必要があります。

施主のもっとも大事な役割は予算をつけると言うこと

自己資金を用意するか
用意できなければ住宅ローンなどで都合することになります。

これが十分に用意できない場合
トラブルの大きな引き金になります。

理想と予算の違いにより不満が出るのが大半だからです。

予算が足りなければそれなりの仕様になるし、
それなりの会社や職人のコストになります。

施主である以上、最も大事なのは資金調達です。
こればかりは施工者や設計者の仕事ではないですね。

予算が足りなくなってクレームをつけて。。。
と言うようなことはできればしないほうが上品。

これ、意外にあるのですよ。

家作りのブログなんかで、見かけません?

サービスしてもらいましたって。。。書いてる。

サービスとか期待せずに明朗会計が良いとおもいますよ。

上品な人と下品な人は食事でも同じで
支払いにあると思います。

住宅ブログが集合するブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村

カテゴリー: 家づくり,日記 | Tags: , ,

家作りブログの上へ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当者。一級建築士。一級建築士事務所主宰。住宅の設計、工事監理。無料プランニングサービスをさせていただいています。

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村