住宅の営業マンが書いた間取りでは満足しない理由

無料の間取り作成サービスを続けていると、
ハウスメーカーの営業マンが住宅の間取りを書いてくれたが
気に入ったプランが出てこないと言う例があります。

確かに経験があって長年住宅に携わっていると
間取りを描けるようになっている方もいるかもしれません。

でもそれは作曲をお願いしたら、担当者が書いてきました!
といっているのと同じ現象です。

小説家に依頼したら、担当者が私もできるので書いてきました!
といっているのと同じことです。

他の世界だったらありえない話なのに
なぜ家作りの現場ではおきてしまうのでしょうか?

ひとつは、会社内部でのコミュニケーションが悪い証拠です。
たいていの会社は内部に設計部があるか外注の設計士がいます。

設計士に依頼できない状況と言うのは
めんどうくさいか、あるいは
担当者が設計士に依頼するのを止めているに過ぎません。

要するに依頼先があるのに独断で止めている。
と言う、正規の流れではないことが起きているからです。

個人的な都合でおかしなことがおきている可能性が高いのです。

ハウスメーカーに間取りのストックがある場合も
それは設計部がつくったもので営業の部署とは違います。

家の間取りをしていて思うのですが
間取りは楽譜を作ってるのと同じだと思うことがあります。

ですから作曲家でない人が楽譜を作るのは
私はありえない話だと思っています。

ピアノの演奏会に行きたいと思ったときに
受付の方がピアノを習っているから、
それで良いと思いますか?ということです。

住宅ブログが集合するブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村

カテゴリー: 家づくり,間取り,間取り図 作成 | Tags: , ,

家作りブログの上へ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当者。一級建築士。一級建築士事務所主宰。住宅の設計、工事監理。無料プランニングサービスをさせていただいています。

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村