最近の間取りの悪いところ

昔の家の間取りにリビングとダイニングを分けてあるものがあります。

最近はインテリアを広く見せるために
リビングダイニングキッチンとして広くする傾向があります。

実際にはリビングの音がダイニングに聞こえたり
逆にキッチンの音がリビングに聞こえて、
テレビと洗いものの音がバッティングするなどの障害もあります。

リビングでくつろいでいるときに
ダイニングキッチンから食べ物の匂いがするということもあるでしょう。

同じ時間に食事を取れる家庭であれば問題はないですが
食事の時間帯が違う家庭も多いと思います。

リビング階段ともなると、
料理の匂いはベッドルームまで届きやすくなります。

扉で隔てられてはいるものの
扉を開ければキッチンと近いのです。

ダイニングキッチンが別室になっていたり
キッチンがクローズになっている間取りも
再検討してもよいでしょう。

住宅ブログが集合するブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村

カテゴリー: ダイニング,家づくり,日記,間取り | Tags: , ,

家作りブログの上へ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当者。一級建築士。一級建築士事務所主宰。住宅の設計、工事監理。無料プランニングサービスをさせていただいています。

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村