ハウスメーカーの仕様通りにするかしないか

今回はハウスメーカーの仕様ということについて話したいと思います

仕様書というものがあります

例えば外壁材や内装材の仕様
キッチンやトイレそして洗面台の設備などの仕様

骨組み、構造体、鉄骨や木材の仕様など
建物の内容に関わる事を記載されている仕様書というものがあります

それに基づいて見積もりするので
同じ間取りでもメーカーさんによって金額が異なるということが起きてきます

そして今回お伝えしたいのはそれはメーカーさんも都合によってできているものであって
建てる人、これから建築する人の欲しいものでは

必ずしもないということを踏まえておかなければいけないということです

標準の仕様から外れた場合におそらく増額するという話が出ると思います

それは冷静に差額を聞いた上で必要なのかどうかを検討したほうがいいと思います

ただし全てハウスメーカーさんの仕様に合わせるということが大事っていうことではありません

有線順位ではないということです

 

もし優先順位の上位に来るのであれば
金額内に納めなければいけないことが理由です。

そういった条件が最優先だということで
そういった場合は仕様変更をせずに建てると言うことが優先順になります

そうではなくて自分の思ったふうに作りたいということであれば
注文住宅の場合は設計士や明日メーカーさんに相談に乗ってもらって
自分の思い通りにカスタマイズして
その都度見積もりを取るのは手順としては正解です

メーカーの仕様書が悪いということではありません

それはより安く入手できる
たくさんの納入しているからコストメリットがあるとか
経験上実績上問題の起こりにくいメーカーや材料であると言ったことがになっています

メンテナンス上問題がなく
より会社として利益が確保されて
流出しないというのが前提になります

何か問題があれば修理とかメンテナンスにかかる費用が出てしまいます

ハウスメーカーさんも責任をもって考えられた仕様であるわけですですから

それを覆して自分の好きにしたい場合は
よくよく話を聞かなければいけません

具体的な例としてはメーカーさんの推奨した床材
フローリングから無垢材に変えたいとした場合に
コストがアップするということが起きたりします。

季節によって大きさが変動することによって
音が出たり隙間が出たりしますという説明があることがあります

それは木材特有のひずみとか
品質ではなく自然のばらつきがもたらすものです。

実際に私も無垢材を使ってクレームの対象になったことがありますし

憧れと現実は違うということです

見た目の質感や手触りというものは
強いコーティングをされたフローリングや
プリントされたフローリングと比較した場合
絵的にも比較し難いものがありますです

床材一つにとってもそうであるし

壁材の材料でも内装材や外壁の材料でも同じことが言えます

本物の木を使ってしまえば
長年の時間やそういうもので傷んでしまいます

人工のものであれば
例えばアルミにプリントしたものであれば
ほぼメンテナンスフリーで変質や変色もしません

でも本物のものではありません

そこはよく設計者や詳しい人に聞いて

比較しなければいけません

まずはそのことについてよく理解して

メリットとデメリット
そして自分の憧れをミックスしながら
考えていくということが必要になってきます




住宅ブログが集合するブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村

カテゴリー: インテリア,家づくり,注文住宅 | Tags: , ,

家作りブログの上へ

プロフィール

間取りデータバンク設計担当者。一級建築士。一級建築士事務所主宰。住宅の設計、工事監理。無料プランニングサービスをさせていただいています。

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村