手垢がつくと良いと感じる「なれ」という文化

私たちは古ぼけたものを見ると安らぐ感情があります。

手垢がつくと良いと感じる「なれ」という文化です。

谷崎潤一郎さんの「陰翳礼讃」の中には西洋紙と和紙ついての話が書かれています。(いんえいらいさんは今から80年ぐらい前に、西洋の文化が浸透してきて日本の文化に良さみたいなものをもう一度考え直そうということで書かれたものです。)

西洋紙はつるつるしていて和紙の持っている柔らかい初雪のような面ではないと書かれています。

和紙はしなやかで折ってもたたんでも音を立てない、静かでしっとりしとしていると谷崎は言います。

日本人はピカピカ光るものを見ると心が落ち着かないと書いてあります。

金属もニッケル製などを使って西洋人はピカピカにするけれども、ピカピカしたものは私たちは嫌いだと言っています。

銀の食器を使うこともあるけれどもむしろピカピカしないものを好んで使い、お手伝いさんがピカピカに洗うと主人に怒られるという風に書いてあります。

馴染んできて古ぼけた感じのものを味わうのは、私たちの文化だというのです。

ルビーとかピカピカしたものじゃなくて、鈍い光を持っている石の塊に魅力を感じるのは我々東洋人で、ガラスでも透明度というものにこだわっているわけではなく、混じり気のあるガラスに趣を感じることが我々はあると言います。

手垢の味や手作りみたいなものを好む私たちの文化の中にあるということです。

私達の文化には「なれ」というものがあります。

人の手が触ってもツルツルになっていくと油が染み込んでそれが味わいになってくるという話です。

新品ではなくなってくる「なれ」いうものが好きだいうことなんですね。

私たち日本人は垢とか油みたいなもの汚れがついたものを愛しているということで、そういった「なれ」のあるものは神経が休まると言います。

「なれ」のあるものを使ったり、建物の中にいると奇妙に心が和らいでくるのです。

現在はアメリカ人でも日本人でも わざわざフローリングを傷つけて緑の塗装したり、ユーズドファッションを楽しんだりします。
インテリアでもよく見られる古ぼけた感じというのも、ファッションとして受けられてきています。

現代の日本人の感性にあっては、本当に古いものというのは気持ち悪いという感情もあって 、古く見える新品程度の見た目だけ古いというフェイクのほうが多いのかもしれません。

日本人が失った「間」について解説

日本人が失った「間」について解説。

西洋の文明ではなく日本の文化をそのまま進化させたら

録音とかも変わっただろうという話です。

無音状態や「間」を大切にしたと思うのです。

「無音状態を録音」するって難しいですけど、表現はできたかもしれません。

まだ仕事はじめではない

休んでも休んでも、まだ仕事はじめではないという

なんと恐ろしいこの事実

年末に食べたおでんが懐かしくて、新年早々家でもおでんしました。

テレビ番組もほとんど見ないので、YOUTUBE見たり、amazonプライムビデオで映画見たり

電子書籍をダウンロードしまくって読み漁り始めました。

読書するのにまとまった時間があるので良いのですが、本格的に読もうと思ったら、月曜には仕事始めだということに気が付いて

なんだかまだまだ休みたい気分になってしまいました。

休み過ぎてリタイヤする人も出ちゃうのではないでしょうか?

世の中は円高や株の暴落で苦しんでるらしい。

円高や株安で電車とまるとか言われてますが、 私のほうは会社は歩いてもいけるし問題ないです。


それにFXとか株とかそうゆうのはだいぶ前にやめました。 チャート見てる時間がもったいなくて、他のことができなくなっちゃうから 。。。


オリンピックまで景気が良いような話でしたが、そうでもなさそうでちょっと嫌な雰囲気ですね。


日本人のトイレへの美意識について

日本人のトイレの美意識について語っています。

85年前の 谷崎潤一郎の随筆、陰翳礼讃(いんえいらいさん)が

トイレ について土のように思っていたのか?

現代の日本人の美意識の変化にも通ずるお話しです。

谷崎潤一郎の随筆「陰翳礼讃」(いんえいらいさん)に思うこと

陰翳礼讃(いんえいらいさん)は85年前の電気が登場して 時代が移り変わる転換期の谷崎潤一郎の随筆。 日本人の美意識が移り変わる中で古典的な思想に回帰しようとする 思いが書かれています。 今読むと面白い書籍です。 ろうそくから電気へ変わる時代に日本人は何を思ったか? 日本人の美意識について考えさせられます。

昔の日本人は木と紙の質感が好き

陰翳礼讃(いんえいらいさん)というのは谷崎潤一郎の随筆なんですけれども、この随筆は85年前1933年の時代の話です。ちょうど電気が普及してろうそくから電気に変わってくる時代の随筆です。

日本人の美意識というのが変わってくる転換期で、私は建築関係、住宅との仕事をしてるので、今だからこそ見直したいことや参考になることがたくさん書いてありました。

例えばどのような話かというと、家を建てようとした時に電気が普及してきた時代でコードとかねがすごい邪魔だって言うのです。スイッチが目障りだということが書いてあります。

今でこそスイッチは普通にありますが、スイッチのない時代に部屋にスイッチが登場した時、日本人には邪魔で、我慢できなかったみたいです。

その時代の人はコードを屏風の裏に隠したりしました。

次に書いてあるのはガスストーブが出てきたと書いてあります。

燃える音がするとか、煙突をつけないと頭がいたくなるって書いてあります。

一酸化炭素中毒でしょうか?

家の部屋の真ん中に炉があって炭を炊いていた時代からいきなりストーブとか電球が出てきた時代にその音が非常に不快で、しかも火が見えないから嫌だというのですね。

そしてガラスが普及してきました。障子の外側にガラスをつけるのが非常に不快だって書いてあります。外側にガラス貼りにすると表が二重になるから費用もかさむし何か柔らかいもなくて嫌味だって言うのです。

今はガラス普通に住宅でつかっていますが違和感も何もないです。

当時は紙や木とかそういった質感が快適だって思ってた時代なんですよね。

その柔らかい素材に包まれてた時代にガラスが出てきた時に非常に嫌悪感をもよおしたんです。

多分、硬い冷たいそういうこと思ったと思います。

共通点は柔らかいとか流動的とか動きのあるものから動きのないものになってきた時代で非常にびっくりした時代なんですね。今私たちが生きてる85年後の世界だって転換期にあると思います。

非常に自分に馴染めないものや AI とか出てきます。

もう出てますけどね

非常に転換する時に、多分似たような感情を覚える。

タイルがについても85年前はにケバケバしいタイルにしてはいかにも全体との映りが悪いって書いているんです。

木目が好きだったのにタイルが白くて光ってるからやだって随筆では書いています。

昔の日本人は木と紙の質感が好きだったのでしょうね。

師走

忘年会もほとんど終わってあとはゆっくりしたいが

まだまだお仕事があるので

あと一頑張りという感じ

仕事納めと納会まで健康で乗り切りたい

皆さんもお体だけは大事に。新年まで乗り切りましょう

住宅ローンは上昇するのか?

日銀の金融緩和が縮小傾向にありますが

金利は上がるのかということはあるのか?

気になるところです。

上がるかといえば金融緩和が縮小しているので
上がる方向だといえます。

今すぐ上がるわけではないという見方ですが

実際には住宅ローン金利は上がる傾向が見られます。

りそな銀行は10年の住宅ローン、みずほ銀行、三井住友銀行、
三井住友信託銀行は15年の住宅ローン金利があがっていました。

大幅ではありませんが上がる傾向ということrです。

変動金利はまだ上がってないようですが
上がり始めると一気に上がる傾向があると言われています。

2019年は消費税増税の関係があるので

消費税増税後あたりに注意が必要です。

1年後ぐらいには住宅ローンの金利は上がるだろうとみられています。

ただ、大幅な金利上昇ではないと思われます。

いずれにせよ金利動向というのは読めませんが
増税以後の金利に注目したいところです。

LEDと蛍光灯が手放してしまったもの

照明計画 住宅

今回は照明についてお話ししたいと思います 。

今日仕事を終わりスポーツジムに行ったときのことです。休憩するベンチで気のいいお兄さんと話をしていたら、「薪ストーブのある家っていいよね。」「ホームセンターで買いたいんだけど、あれどうかな」という話になりました。

実際、薪ストーブのある家は数件建てさせてもらっていて、ストーブ自体は安いけれども専門業者に頼んだりして、「煙突とかそういうものにお金がかかるよ」という話をしました。そして家が燃えてしまってもいけないので、ストーブの周りの材料を燃えなくすることが必要だという話をしました。床とか壁をタイルやレンガや燃えないものにする。そこに予算がかかるよとお話ししたんです。


そして暖炉風のファンヒーターはいまどき1万円ぐらいでネットで売ってるから、あの暖炉風のファンヒーターではダメかという話をしました。それでもお兄さんはリアルな炎を見ながらいたいという話をするのですね。

今お話ししているのはクリスマスが近いのですけど、クリスマスのカップルなどは少し暗くしてキャンドルなんかで雰囲気を作って、二人で過ごすとかするかもしれません。なんでそんなことするのかっていうことなんですね。  LED や蛍光灯じゃダメなんですか?話なんです。

家を建てるときに多くの建て主さんは明るい方が良いって言います。 LED は電球がきれませんし、勉強しやすいように明るい部屋にしたいというのです。

それでもいざという時にクリスマスとかにキャンドルをつかう。思い出を作りたいためにキャンプに行ってキャンプファイヤーを見るのです。

ろうそくのゆらゆらはためく炎を見ていると分かるのですけれども 、LED や蛍光灯が手放したものは、炎がはためく空間の鼓動を感じるようなことなのですね。

空間が生き物のように感じる感覚、空間のい気づかいや心拍すら聞こえるということを、LEDの照明は手放してしまったのです。

それは量子力学のようなものを目で見て肌で感じられることだったものを、わからなくしてしまったということです。

年賀状は明治時代に定着した

現在では年賀状からメールやラインなど様々な挨拶になっています。

「年賀状」を送るようになったのはいつからというと

岡本綺堂の「年賀郵便」によれば「日清戦争」後あたりからだと伝えています。

明治時代には年賀の挨拶というのは歩いて訪問して行うのが通常で、手紙で済ますのは失礼であったようです。

男は外に出てあいさつ回りをし、女が挨拶を家で受けるというのが通常という様子です。

そのため正月には街中はかなりの賑わいだったと伝えます。

それが明治27年28年の日清戦争で外には出ずに「年賀郵便」を送るようになり、明治37年38年の「日露戦争」には定着したといいます。

明治の最後あたりまでは年賀の挨拶する様子もあったようですが
「年賀郵便」にするのが多くなったといいます。

年始の芝居などはあいさつ回りで忙しいためなかったものが
年賀郵便によって新年のイベントも出現したといわれています。

現在はフェイスブックやラインやインスタグラムで年賀状より早く情報が伝わるので「年賀状」の役割もぼやけつつあります。

間取りがうまく進まないのはなぜか?

今回はなぜ間取りがうまくできないのかといったことについてお話ししたいと思います。

間取りの無料サービスをやってると工務店に頼んでるんだけどなかなかいい間取りが出ない。

もうハウスメーカーに頼んでるんだけどなかなか前に進まないと言ったことが書いてあります。

私も設計事務所て何日も書き続けてなかなか前に進まないと言ったことはあるんですね。

敷地が狭すぎて入らないとか

要望がこの金額に合わないとか

延べ床面積に入らない要望を伝えている場合があります。

そして一番困るのは情報がないことなんですね

一番困るの敷地の情報がない

これあるんですよ

注意書きに敷地の情報を必ず送ってくださいねって書いてあるんですけど

何もないってびっくりしたことがある

は自分の持ってる土地なのによくわからないと

これもすごい多いですよ

実際に依頼されたら法務局に行って敷地のデータをもらうか、現地で測量します。

ネットで依頼される時は Google とかで航空写真とかストリートビューでとかで見れますから大体の雰囲気を把握するんですね。

それから間取りの要望をはっきりかくこと

間取りの要望はしっかり書いてないとプランができなくなります。

要望がないとそれなりのプランになってしまうので注意です。

プロフィール

間取りデータバンク設計担当者。一級建築士。一級建築士事務所主宰。住宅の設計、工事監理。無料プランニングサービスをさせていただいています。

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村