エリクサ届きました。amazon echo dot レビュー

amazon echo dot
予約して申し込んで、しばらく
忘れていたころに
買ってもいいよみたいなメールが来たので

購入

昨日 やっと届きました。

感想を一言

ちっさ!!

想像よりかなり小さいです。

早速設定してみると。

これが、なかなかうまくいかない。
四苦八苦してやっとWIFI接続に成功
接続まで、1時間くらいかかったかな。

マニュアルみたいなものをネットで見ながら
スマホでアプリの案内見ながら設定するのだけど

英語多すぎ。

できないわけじゃないけど
できないわけじゃないけど
できないわけじゃないけど

日本語にして

で、いざ使い始めると、なかなか面白いです。

アレクサ、今日の天気は?
温度予想まで答えてくれる

ボズ スキャッグス かけて
ショパンかけて
パガニーニかけて、
ビルエバンスかけて

おおーーー、音楽をすぐセレクトしてきます。

音はまぁ ジャズなら聴けるかな。

126×20は?
すぐ返事が来る

織田信長は?
戦国時代の。。。。とか解説してきた。

自分お名前をいってみると

分かりませんって言われました。。。。

雪の重みで家がつぶれる

最近は雪の重みで屋根が落ちたり
家がつぶれると言うニュースはほとんど見なくなりましたが、
昔のニュースではちらほらありました。

ほんとに?

ほんとです。

デパートの屋上が雪の重みで落ちたり
アーケードの屋根がつぶれたりしていました。

鉄筋コンクリートでも重量に耐えられないことはあるのです。

アーケードなんかは雪国に向いていそうで、
本当は向いていないんでしょうね?

都会の設計事務所が雪国で設計した建物で
入り口に滑りやすいタイルを使ってしまって
多くの人が雪の日に転倒して骨折した例もあります。

雪国の建物は地元の設計士が設計するのが
リアルな体験でつくれるのでよいと思ってます。

今の建物は一応積雪を考慮して計算はしていますから、
雪でつぶれにくくはなっていますが
ゆとりのある計算はしたいですね。

仕事始め、お賽銭は普通いくら入れるの?

今日から仕事始めと言った感じです。

といっても、設計事務所は今日からで、
間取り作成は3日から開始していました。

休むと、体が重たくなってますね。

会社に届いた年賀状を整理して
返信する年賀を書き終わって

郵便局へ歩きながら、もっとウォーキングしなくてはと思いました。

家で仕事するよりも会社で仕事したほうが
やっぱり、スピードが違います。

集中できますからね。

初詣は近所の神社に毎年行くのですが、
テレビを見てると大きな神社は並んでますね。

お賽銭は5円とかが良いみたいですけど
神社側に気持ちになればもっと欲しいでしょうね。

5円玉2枚で二重に縁があるとか

50円で10倍円があるとか言いますね

銀色のほうが良いって聞いたこともあるので

50円なのかな?

ネットで調べたら決まりはない様です。

米とか野菜とかお供え物をすると書いてあるけど
そんなものは入れられませんから

小銭でしょうね

無料の間取り作成サービス

今年もお世話になりありがとうございます。

大晦日31まで間取りを作り続けるという
幸せな状況になっています。

おそらく来年も2日から間取りするかもしれません。

設計事務所のほうは5日からスタートなので
本当は4日まで休めるのですけど、たいてい2日でもう体がなまって
外に出たくなってしまいますね。

お歳暮でいただいたビールをいただいていますが
なかなか国産ビールもおいしいですね。

こんなにおいしいとは思いませんでした。

今年はフェイスブックのほうも力を入れていったので
フォロワーさんも増えてきて、
だいぶ家づくりのお役に立てたのではないかと思います。

イイネがつくとまた間取りを作ろうと思いますね。

無料の間取り作成サービスのほうも好評の様子なので、
来年も一層皆さんのお役に立てればと思います。

今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

最近、肉バルって多くないですか?

忘年会や飲み会もひと段落着きそうです。

最近、肉バルって多くないですか?

2次会や3次会でも肉バルというのがあって
なんだか、食事した後に又肉を食べるという

ハイカロリーな飲み会になっちゃいました。

あとは年末に向けてゆっくり。。。。とはいきません。

間取りの依頼のほうもおかげさまで
ほぼ、毎日来ているような状態です。

毎日間取りをアップしても、ゆとりが出ない。

年末に向けて終わらせようと思っても
依頼はたまっていくような状態です。

ありがたいことです。

工事現場はさすがに年末年始はありませんから
現場監理のほうは休めます。

おそらく。。。。。

年末まで間取りを作っている!と思います。

そして年始!! 場合によっては2日から
間取りをつくっている可能性も出てきました。

皆様のお役に立つように

無料間取り作成サービスのほうもがんばっていきます。

太陽光発電メリットデメリット

先日テレビを見ていたら世界の各地で
メガソーラーの建築が進んでいると言うのを見ました。

地球温暖化の影響で実害が出ているため投資家が
二酸化炭素を排出する企業からクリーンな企業に投資をシフトしているせいです。

火力発電に依存する会社からソーラーに乗り換えているのです。

家庭用の太陽光発電を屋根やカーポートの屋根に導入して
家の電気を発電して余分な電気を売電する家庭があります。

売電価格は以前より下がったのと
補助金なども少なくなったためあまりクローズアップされていませんが
あとから、リフォームで設置する家庭もすくなくありません。

太陽光発電のメリットは設置すると7年から8年でもとがとれて
それ以降は電気代がゼロ円で売電した電気は家計の足しになることです。

デメリットは初期費用がかかることですが
家庭用の太陽光発電尾初期設置費用は以前の半額以下になっています。

戸建て住宅の4kwぐらいで10年前に見積もりすると
大抵200万円くらいに見積もりが出ていました。

現在では100万円ぐらいの見積もりが出てくる会社もあります。

太陽光発電を導入して元が取れるまでの期間は12年ぐらいと
アナウンスしていましたが、今は8年ぐらいとお伝えしています。

初期費用を投資して回収するまでの期間は4年短縮されていると言うことです。

保障期間も10年から15年に延びているケースも多いようです。

初期費用を抑えるためには複数社の会社に見積もりを依頼することで
最安値を比較検討するのが有効な手段です。

太陽光発電の比較見積もりサイト
が便利で使うメリットがあります。

質問ができるので不安なことを解消できること。
1分ぐらいの簡単な入力作業だけで見積もりが届くこと。
優良企業だけが登録されているのでアフターサービスが行き届いていること。
後から予算の追加を言われたりしないことです。

世界的に太陽光発電の導入が増えてソーラーパネルの価格が下がっているので
売電価格が下がった今でも導入のメリットは大いにあります。

10年以上前に建てた家のリフォームであれば
金利も安くなっているので借り換えするだけで費用は捻出できるでしょう。

家作りの相談カウンターは本当に良いのか?

住宅を作るときに相談カウンターなどのサイトや
店舗にて直接、相談カウンターを利用する施主の声を聞きます。

工務店やハウスビルダーと施主をつなぐマッチングの仕組みで
広告代理店が主催して行っているものです。

実際にコスト以上のメリットがあるのかと不安の声はありますが
コストに見合ったメリットはあります。

施主側の不安と言うのは広告コストの分、住居が手抜きされないかと言うことですね

実際、あるハウスビルダーの声を聞くと
数を見込んで1件あたりの利益幅を減らしているので
品質には全く影響していないですとのこと。

ハウスビルダーやハウスメーカーは
自分で広告を出して集客することを考えると
同じぐらいの予算なのです。

とはいえ、競争相手との激しいコスト争いで疲弊はするようです。

まず、手にする家の品質はコストに見合うということで

その心配はありません。

あと、施主側が不安になるのが、紹介されるハウスメーカーは
自分に合っているもしくはメリットのある会社なのかと言うことです。

それは、広告代理店側に立てば分かることで
広告代理店の最大の仕事というのは紹介した会社の中から選んでもらうこと

自分の紹介する会社以外のところで建築された場合
利益が出ないと言うことですから

お客さんには紹介した会社の中から選んでもらうことに
全力を注ぐわけです。

つまり、紹介した会社のどれを選んでも良いから
その中から選んで欲しい。他に流れて欲しくないのです。

手持ちのカードの中でベストの会社をぶつけてきます。

ここまで聞くと夢のような仕組みで満足できそうです。

メリットは当てもなく探すよりはましと言うこと

デメリットはカウンターに登録している会社は
日本全国の家作りをしている会社のほんの一部でしかなく
もっと自分にところはあるということです。

解決策としては、カウンターに相談しながら
設計事務所や登録してないハウスメーカーも見るということですね。

クロス工事のあら探し

朝晩の冷え込みが大分厳しくなってきました。

私はと言うと、事務所ではいているスリッパを冬用にかえました。

これで大分床からの冷え込みに対処できそうです。

先日引渡しの現場があって最後のチェックをしていると
改めて気づかされたことがあります。

同じ場所なのにクロスのふくらみが見える時間帯が違うと言うこと。

夕方、チェックしてOKだった場所でも、
午前中見るとすごく膨らみや凹凸が見えるということ。

これは光の方向のせいなのですが、
夜になって照明だけ当てても又違う凸凹が見えます。

いろいろな時間帯で数回チェックしないと
分からないということになりますね。

そして、ずっと同じ場所に立っていると
今まで見えていなかったあらがみえてくる

この不思議。

目が慣れてくることによって、見えることがあるのです。

引渡し前のチェックのポイントは
時間帯を分けて数回チェックすると言うことと

同じ場所に静止して1分ぐらい立って見る事
30秒でも良いですよ。

雑談しながらでもOKなので大事な場所は時間をかけてみます。

剛床工法 メリット

瑕疵保険の申請の図面で矩計図(かなばかり)というのを提出

そのときに防水の立ち上がりや勾配
そして、二階の床が24mmの構造用合板による
剛床工法になっていることを記載しました。

これはどうゆうことなのかというと
二階の床を載せる床を構造用合板24mmで作って
梁に釘打ちすると言うものです。

昔の在来工法はどのようだったかというと
梁の上に一度根太を組んでその上に合板や板を載せていました。

現在ではあまり見られなくなりましたが
以前のほうが手間がかかりましたし
床を組むまで上の階に行きにくいと言う欠点がありました。

剛床工法のメリットは構造的に強くなることと
工期が短縮されて、コストメリットがあることです。

剛床工法は上棟時に二階の床まで組みあがって
水平の剛性、強さが確保されるので横にぶれにくくなり
なんといっても足場代わりに歩行できるというのが
現場の作業性を大きく効率的に変えました。

つまり、構造的に横揺れに強くなって
工期の短縮になっていると言うことです。

剛床工法のデメリットというとあまりないのですが
しいて言うなら、上棟のときに早めに床が完成してしまうと言うことです。

雨にふられるとぬれるということがあるので
一気に屋根まで組んですぐ屋根のルーフィング、
防水をするのが一般的になっています。

根太工法でも結局雨に降られるのはいっしょなので

上棟したらすぐ屋根と壁の防水を行う手際のよさが必要で
手際さえ良ければ大きく工期が短縮されて
施主も施工側も予算面でのメリットが生まれてきます。

施主支給品は安くてよいけどもトラブルも多い

施主支給というと施主のほうで品物を購入して、
工務店のほうでサービスで取り付けるという仕組みです。

工務店のほうは手間がかかるので
あまり好きではないでしょうが
ネットで買うと安いからどうしても施主支給したいとか?

ネットでしか購入できないデザインのものも多くあって
やはり現場では施主支給が多くあるのです。

多いのは表札とかポストの類ですね

照明器具なども良く支給されます。

ここまでは問題がないことは多いのですが、
水栓とか、洗面ボールまでになると難易度が高くなります。

どうしても保証とかの問題もあるので
器具の不良は施主側の責任取り付けは工務店と言うことになります。

建前はそうですが、
取り付けはサービスですることも多いので
サービスしてうまくいかなくて工務店が出費することも多く

施主側は得をするのだけどトラブルも多いので
ほどほどに責任の所在が分かりやすいものまでのほうが
無難と言えます。

施工費用の高くないものが何かトラブルがあっても
費用面でリカバリーしやすいので
施工費用が膨大になるものは避けたほうがよさそうです。




最近の投稿

プロフィール

間取りデータバンク設計担当者。一級建築士。一級建築士事務所主宰。住宅の設計、工事監理。無料プランニングサービスをさせていただいています。

PVアクセスランキング にほんブログ村