地震に強い家の作り方

北海道で大きな地震がありました

震度6弱ということで、かなり強い揺れを感じる地震で
周辺の地域でも震度4とか強い揺れがあった様子です。

こういった大きな地震があるときは
地震に強い家になっていますかっていうような質問が
打ち合わせで言われます

そうではない時でも普通に地震に強い家を望まれる方が非常に多いのですが
地震に強い家っていうのは特徴があって壁が多いというところとか
柱が多い家になってきます

構造計算で強さを決めていくのですけれども
普通に強いような家と差が出てくるのはなぜかということですね

壁が少なくなって弱くなるという現象があります

そして同じ形状であれば同じ強さに違いないのですけれども
差が出てしまうとに事がおきます

コストの問題になります

構造体の強さ弱さってのはその工務店とか設計で違うわけですけれども
集成材でも強さが違ってきます

安くすると弱くなると簡単に言うとそういうことが起きているということです

建て主が知っていればいいんですけれども
コストを抑えたので少し弱くなったと理解してればいいんですが
知らずにそうなっているというのが問題なわけです

自分の知らないところでもっと強くなったのに
そうなっていないということが起きてる

つくり手のほうででこのぐらいでいいですよ
決めているということなんですね

そういうのを防ぐために構造の強さの等級というものがありますそれについて

覚えるのは簡単です

構造等級1に対して2等級は1.25倍の強さ
3等級は1.5倍の強さになります

3階建てや複雑な形状の家など
3等級を目指すのにプラン上無理な時がありますので
その辺は担当者に説明をよく聞いておく方が良いと思います

ハウスメーカーは良い間取りを提案してくるのか?

ハウスメーカーに住宅を依頼する形も多いと思います。

安心感というところとパッケージになっていて
手間がかからないってイメージがあると思います。

任せておけばまあ良いものができるだろうということや
何か保証のようなものがしっかりしているんじゃないか
というイメージがあります。

私たち設計事務所というのはプランの自由度とか
プランのオリジナリティで差別化を図っているところがあります。

実際私の事務所はデザインというところもあるんですけれども

斜面に建つとか狭い敷地に建つとか
変形した敷地に建つなどハウスメーカーさんが
お手上げしてしまったようなところ、ギブアップしたようなところ
の敷地を相談されることが多いようです。

設計事務所とハウスメーカーが争ったりしないかということけれども
差別化して言っても実際にハウスメーカーと設計事務所と
比較する建て主さんもいらっしゃいます。

ハウスメーカーのプランは
どのくらい頑張ってくるのかといったところなんですけれども

以前ですねハウスメーカーのプランをですねみたことがあって
それはお客さんが持ってきたんですけれども

私のプランと全く違うものでしたが
非常にですね
面白いプランを提案してました

ある大手のハウスメーカーでしたが
自動車がですね

自宅に突き刺さってるというような間取りでした。

駐車場と庭が一体化しながら住宅に入り込んでるような
間取りでしたね

私のプランが採用されたということで
そのプランは実現しませんでしたが
非常に面白いなと思ったことがあります。

他社の他の会社に見せると言うのは建て主としては
本当はルール違反だと思います。

そのときは見ちゃいましたけど
通常は間取りを見せられても見ないようにしてるんですよね

まあ見ても参考にならない場合が多いんですけれども

見ても敷地の大きさぐらいですかね

今回はハウスメーカーのプランはオリジナリティがあるか?
というところを言いたかったんですけれども

大抵企画住宅でオリジナリティはないと思いますが
中にはとてつもなくオリジナルのもの持ってくる会社があります。

まあそんなことばっかりやってると
なかなか会社の存続もできないようになっちゃうと思いますけれども
あんな大きな会社がそんなプラン持ってきたのは
未だに疑問です。

今回はハウスメーカーに関する雑談でした。

ハウスメーカーの仕様通りにするかしないか

今回はハウスメーカーの仕様ということについて話したいと思います

仕様書というものがあります

例えば外壁材や内装材の仕様
キッチンやトイレそして洗面台の設備などの仕様

骨組み、構造体、鉄骨や木材の仕様など
建物の内容に関わる事を記載されている仕様書というものがあります

それに基づいて見積もりするので
同じ間取りでもメーカーさんによって金額が異なるということが起きてきます

そして今回お伝えしたいのはそれはメーカーさんも都合によってできているものであって
建てる人、これから建築する人の欲しいものでは

必ずしもないということを踏まえておかなければいけないということです

標準の仕様から外れた場合におそらく増額するという話が出ると思います

それは冷静に差額を聞いた上で必要なのかどうかを検討したほうがいいと思います

ただし全てハウスメーカーさんの仕様に合わせるということが大事っていうことではありません

有線順位ではないということです

 

もし優先順位の上位に来るのであれば
金額内に納めなければいけないことが理由です。

そういった条件が最優先だということで
そういった場合は仕様変更をせずに建てると言うことが優先順になります

そうではなくて自分の思ったふうに作りたいということであれば
注文住宅の場合は設計士や明日メーカーさんに相談に乗ってもらって
自分の思い通りにカスタマイズして
その都度見積もりを取るのは手順としては正解です

メーカーの仕様書が悪いということではありません

それはより安く入手できる
たくさんの納入しているからコストメリットがあるとか
経験上実績上問題の起こりにくいメーカーや材料であると言ったことがになっています

メンテナンス上問題がなく
より会社として利益が確保されて
流出しないというのが前提になります

何か問題があれば修理とかメンテナンスにかかる費用が出てしまいます

ハウスメーカーさんも責任をもって考えられた仕様であるわけですですから

それを覆して自分の好きにしたい場合は
よくよく話を聞かなければいけません

具体的な例としてはメーカーさんの推奨した床材
フローリングから無垢材に変えたいとした場合に
コストがアップするということが起きたりします。

季節によって大きさが変動することによって
音が出たり隙間が出たりしますという説明があることがあります

それは木材特有のひずみとか
品質ではなく自然のばらつきがもたらすものです。

実際に私も無垢材を使ってクレームの対象になったことがありますし

憧れと現実は違うということです

見た目の質感や手触りというものは
強いコーティングをされたフローリングや
プリントされたフローリングと比較した場合
絵的にも比較し難いものがありますです

床材一つにとってもそうであるし

壁材の材料でも内装材や外壁の材料でも同じことが言えます

本物の木を使ってしまえば
長年の時間やそういうもので傷んでしまいます

人工のものであれば
例えばアルミにプリントしたものであれば
ほぼメンテナンスフリーで変質や変色もしません

でも本物のものではありません

そこはよく設計者や詳しい人に聞いて

比較しなければいけません

まずはそのことについてよく理解して

メリットとデメリット
そして自分の憧れをミックスしながら
考えていくということが必要になってきます

バイトテロの問題について

バイトテロの問題やスタミナ太郎の問題が話題になっています

私はこの一連の問題に対して
根っこの部分になっている動画の元ネタになっている
いたずらした人や酔っ払った人の美学の問題だ思います。

そもそも同じ日本で生活している人っていうのは
もう少し仕事に対しての美学とか
生活スタイルに対しての品行方正さ
上品さとかそういったものを大事にしてきたと思います。

何かそういったものが揺らいだことに起因していると思います

これは美しくない生き方だぞって言うのを
報道する人もきちんと言うべきだと感じました

拡散する人とかもこれは生き方としてダメだと
そこを重視するべきだと思います

おもしろおかしく拡散するのではなく
ブロガーやユーチューバーはちゃんと考えるって事だと思います

遊ぶなら、遊び場が昔からあるし

酔っぱらってバカをしても良い場所はほかにあります。

そこではむしろお金をはらって遊べば
粋だといわれる場所もあるのですから

清濁併せ持つ形で日本では上手にはけ口があったはずです。

日本で馬鹿をするのは

誰にもツイートもされないし、ばらされない場所、

馬鹿をして良い場所でするべきと思います。

場所がないわけではないのですから

とはいえ

店の店員がつぶやいたりするのも
またマナー違反だということで

炎上したりしていますから

守秘義務もないことで、まったくこまった世の中です。

レオパレス問題で14000人の引越し難民が追加される

テレビのニュースを見ていたらレオパレス21の建物に住んでる人が
引っ越さなければいけない問題が報道されていました。

同じ時期に引っ越し難民のニュースも出ていました。

レオパレス21の建物で建築基準法違反があったということで
訂正するために14000人ぐらいが引っ越しの要請があると
しかも3月末とか書いてましたね

今引っ越し難民って言われていて
この時期で年度末の引っ越しの予約をすると
なかなか予約が取れない。

引越しの予約が取れないっていうことを聞きます。

引っ越しの見積もり比較サイトとかに連絡しても
見積もりできないみたいな現象の時に
追い出されるわけですよね。

住んでる方はたまらないですよね。

これがまだ5月とか6月とか違う時期だったら、
新入学とかの時期じゃなければ
もっと違ったのかなと思います。

今この時期になぜ当てちゃったのかな?
という疑問がありますね。

去年おととし、その前と
賃貸物件の競争が激化してコストダウンとかあったのかなぁ

資金礼金なしで防火設備もない?
とかサンデージャポンで言ってましたけど

本当に意図的に材料を抜いているわけだから

レオパレスがお金を負担するっていうことでしたが
そういうことではない問題に発展するんじゃないかなと予想してます。

施工業者が意図的に抜いたっていうことで
手抜き工事をしたってことで
多分姉歯さんの構造偽装以来の衝撃ニュース

影響力のあるニュースなのかなと思います 。

YOUTUBEからの質問について

YouTube の間取りチャンネルの方もだいぶ登録者が増えてきました。

フォロワーって言うんですかね

ブログでは以前からも問い合わせとかがありました。

例えば写真を見たんですけども

あれってどうやって作るんですか?
とか

直接電話してくる方とかメールをしてくる方がいました。

中には設計事務所からも問い合わせがあって

どうやって作るんですかいうことも多々ありました。

メールの方が実はありがたくて
電話だと時間がかかったりとか
調べたりとかなので仕事が中断してしまうので
住宅の設計の依頼以外の場合はメールの方が本当ありがたいですね

間取りチャンネル( YouTube) の方でも
ダイレクトメールが届くようになってきました。

一応まあ答えられるもな答えてるんですけれども

その中に気になったことが書いてあって
間取りはどこのハウスメーカーのものですかっていう質問

あんまり説明してなかったんだなと思って反省しました。

基本的に間取りチャンネルの方で解説してるものは
間取りデータバンクでオリジナルに作ったものになっています。

その多くは実際にメールで依頼されてで
無料で間取り無料の間取り制作サービス
プランニングサービスで作ったものになりますね。

それをブログにアップしたものの中からセレクトして
解説してると解説をつけている状態です。

メーカーさんのプランではないっていうことをご理解頂きたいな
という感じです 。

いくらの予算で立ちますか?とか聞かれるんですけれども
プリントアウトしてハウスメーカーさんや工務店さんに
見積もりをしてもらう方法が一番いいと思います。

概算見積もりはできるのですが
それは仕様によるので概算になります。

実際あのどんな家がほしいか?っていうのを
聞き取りしないと見積もりはできないものなんですね。

同じプランで色んな会社に見積もりをして
内容を見比べるっていうのが
一番情報が確かなのではないかなと思います。

嵐の活動休止のニュースを見てびっくりした。

今日は友人が居抜きの店舗の床を塗り直すと言うので
手伝いに行ってきました。

休憩時間に嵐の活動停止のニュースを見て
先の話とはいえ、本当かなとびっくりしていました。

最近はジャニーズのグループもなかなか長く続かないと言うか
SMAP みたいに解散もあってどうしちゃったのかなって思っちゃいます。

店舗のデザイン設計というのは以前はよく行っていたのですけど
最近は住宅の方が忙しいのでやっていません。

ただ友人の店舗の手伝いとかをすることはたまにあります。

その時によく思うのですがやはり店舗の内装というのは
お金がかかるので初期投資を回収するのに
お金を使いすぎると元を取るおに時間がかかってしまう
ということがあります。

自分のデザインした店舗に10年ぐらい経って訪れて
きちんと営業している時と
残念ながらなくなってしまっているということもあります。

長く続けてもらうと嬉しいものです。

今回手伝いに行った彼の店はできるだけお金をかけずに
初期投資をなくそうということで
床の塗装も自分たちでやろうということになりました。

厨房機器なども中古で安く手に入れるといった工夫をしていました。

いざ自分に近い人間がお店を持つことになると
この方法が一番現実的で
お店を長持ちさせる方法だろうだろうなと思います。

見栄えが良くてみんなに褒められるようなインテリアの店も
それは良いのですが
お金をかけすぎて店の経営の負担になるってことでは
商売のためには本質的に良くないと思ってしまいます。

300万円ぐらいかけた店舗とお金をかけない店舗と
味と原材料費は変わらないわけですから
お客さんが支払う金額にも影響してくるぞということになってくると思います。

お客さんが払うお金も少ない方がベストではないかなと思います。

実際今回はウォールナットの色に塗りましたが
はっきり言って塗りムラが多かったですが
それがウォールナットらしさ出ていてなんとかなっていた感じです。

手垢がつくと良いと感じる「なれ」という文化

私たちは古ぼけたものを見ると安らぐ感情があります。

手垢がつくと良いと感じる「なれ」という文化です。

谷崎潤一郎さんの「陰翳礼讃」の中には西洋紙と和紙ついての話が書かれています。(いんえいらいさんは今から80年ぐらい前に、西洋の文化が浸透してきて日本の文化に良さみたいなものをもう一度考え直そうということで書かれたものです。)

西洋紙はつるつるしていて和紙の持っている柔らかい初雪のような面ではないと書かれています。

和紙はしなやかで折ってもたたんでも音を立てない、静かでしっとりしとしていると谷崎は言います。

日本人はピカピカ光るものを見ると心が落ち着かないと書いてあります。

金属もニッケル製などを使って西洋人はピカピカにするけれども、ピカピカしたものは私たちは嫌いだと言っています。

銀の食器を使うこともあるけれどもむしろピカピカしないものを好んで使い、お手伝いさんがピカピカに洗うと主人に怒られるという風に書いてあります。

馴染んできて古ぼけた感じのものを味わうのは、私たちの文化だというのです。

ルビーとかピカピカしたものじゃなくて、鈍い光を持っている石の塊に魅力を感じるのは我々東洋人で、ガラスでも透明度というものにこだわっているわけではなく、混じり気のあるガラスに趣を感じることが我々はあると言います。

手垢の味や手作りみたいなものを好む私たちの文化の中にあるということです。

私達の文化には「なれ」というものがあります。

人の手が触ってもツルツルになっていくと油が染み込んでそれが味わいになってくるという話です。

新品ではなくなってくる「なれ」いうものが好きだいうことなんですね。

私たち日本人は垢とか油みたいなもの汚れがついたものを愛しているということで、そういった「なれ」のあるものは神経が休まると言います。

「なれ」のあるものを使ったり、建物の中にいると奇妙に心が和らいでくるのです。

現在はアメリカ人でも日本人でも わざわざフローリングを傷つけて緑の塗装したり、ユーズドファッションを楽しんだりします。
インテリアでもよく見られる古ぼけた感じというのも、ファッションとして受けられてきています。

現代の日本人の感性にあっては、本当に古いものというのは気持ち悪いという感情もあって 、古く見える新品程度の見た目だけ古いというフェイクのほうが多いのかもしれません。

日本人が失った「間」について解説

日本人が失った「間」について解説。

西洋の文明ではなく日本の文化をそのまま進化させたら

録音とかも変わっただろうという話です。

無音状態や「間」を大切にしたと思うのです。

「無音状態を録音」するって難しいですけど、表現はできたかもしれません。

まだ仕事はじめではない

休んでも休んでも、まだ仕事はじめではないという

なんと恐ろしいこの事実

年末に食べたおでんが懐かしくて、新年早々家でもおでんしました。

テレビ番組もほとんど見ないので、YOUTUBE見たり、amazonプライムビデオで映画見たり

電子書籍をダウンロードしまくって読み漁り始めました。

読書するのにまとまった時間があるので良いのですが、本格的に読もうと思ったら、月曜には仕事始めだということに気が付いて

なんだかまだまだ休みたい気分になってしまいました。

休み過ぎてリタイヤする人も出ちゃうのではないでしょうか?

世の中は円高や株の暴落で苦しんでるらしい。

円高や株安で電車とまるとか言われてますが、 私のほうは会社は歩いてもいけるし問題ないです。


それにFXとか株とかそうゆうのはだいぶ前にやめました。 チャート見てる時間がもったいなくて、他のことができなくなっちゃうから 。。。


オリンピックまで景気が良いような話でしたが、そうでもなさそうでちょっと嫌な雰囲気ですね。


プロフィール

間取りデータバンク設計担当者。一級建築士。一級建築士事務所主宰。住宅の設計、工事監理。無料プランニングサービスをさせていただいています。

最近の投稿

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村